ペアーズで出会いたいなら知っておきたい上手な使い方のコツ

マッチングアプリとして人気になっているペアーズには、すでに登録者数が多くいます。全国から登録している人がいるので、広い範囲で理想の相手を探すことができます。初心者にも使いやすい画面や作りになっていますよ。
ただ、ペアーズはライバルが多くなるため、願いを叶えるためには使うときのコツを知っておくほうがおすすめです。基本的な使い方とコツをご紹介します。

ペアーズを使うために必要な条件をチェック

ペアーズを使い始めるには、いくつか条件があります。18歳以上の独身の方、という点は当然ですよね。
そしてフェイスブックのアカウントが必要になります。いまやSNSは、マッチングや婚活にも役立つものとなっています。
ただ、フェイスブックアカウントは実名登録が基本になるので、周りに婚活しているのがバレるのではないか、という不安を感じる人もいますよね。大丈夫です。
ペアーズではニックネームで表示されるし、フェイスブックのタイムラインになにか情報が投稿されるわけでもありません。婚活はしたいけど、実名が出て周囲に知られるのが嫌だ、という人でも安心ですね。
また年齢確認のために、クレジットカードや身分証明書を使用することになります。カードや身分証明書も用意しておきましょう。

ペアーズの基本的な使い方

ペアーズで理想の相手を探すには、検索機能を使って好みのタイプを探します。豊富な条件で検索できるので、年齢や居住地や職業など、大事と思う条件でいろいろと検索してみましょう。
また趣味によってコミュニティと言われるグループに属することができます。料理好きや映画好き、旅行好きなど自分と趣味が一致する人と出会える確率があがります。
いいなと思う相手がいたら、「いいね!」を送ってみましょう。その後、相手の方から反応があれば、メッセージのやり取りができます。
相手の方には、自分以外のユーザーからもたくさんの「いいね!」が送られていることもよくあります。
あんまり最初から特定の方にこだわらず、ある程度気持ちにゆとりをもって、相手を探しましょう。

ペアーズを上手に使うためのコツ

マッチングアプリに登録したはいいけど、うまくいかない、という悩みを感じる人はけっこういるものですね。
特にペアーズは登録者数が多い分、ライバルも多くて、そのなかに埋没してしまう恐れもあります。そのため、理想のタイプと出会うには、コツがあります。
ペアーズを上手に使うには、プロフィール情報を充実させることと、メッセージのやり取りを工夫することです。
プロフィール情報で有利になりそうな情報はしっかり表示して、目を引くようにしないと、「いいね!」をもらえません。仕事や趣味など、興味を引くような情報を盛り込みましょう。写真では「会ってみたい」と思わせるような笑顔が必要です。
またせっかく反応があっても、その後のメッセージのやり取りが続かないケースもあります。相手の質問や興味にはしっかりと答えることで、続きやすくなります。
実際に会う前に、メッセージのやり取りが大切になるので、こまめなやり取りができる人のほうが向いていますよ。